こどもの靴選びーそのアドバイスは正しい?ー

先日、3歳の女の子とママがいらっしゃいました。

なんだかお子さんが最近足が痛いと言っているということで相談です。

つい最近、わざわざ有名百貨店で店員さんに選んでもらって、

靴を買わられそうなのですが・・・

足を計測するとサイズは13.0cm、買われた靴は14.5cm・・・

「1cmぐらい余裕が必要」って言いますからね・・・

残念ですが、そのお店の方はアドバイスは間違っています。

靴のサイズ表記は実寸とは違います。

14.5cm表記の靴の中敷きを引っ張り出して定規をあてると、

15.0cmのものもあれば、15.5cmのものもあります。

だいたいの靴は、14.5cm表記だったら、

足のサイズが14.5cmの子が履いてちょうどいいサイズになるようにつくってます。

実際、そのお子さんの靴の実寸は、15.2cm。

中敷きを出して、お子さんの足にあててみると、誰がどうみても「ぶかぶか」

つま先から2cm以上あまっています。

ぶかぶかの靴を履いていると、歩きにくいだけでなく、

外反母趾など様々な足トラブルの原因になります。

その靴がぴったりサイズになるのは、きっと、半年から一年くらい先のことでしょう。

この程度の靴選びの常識は、

本屋さんに並んでいる「子供の靴選び」的なタイトルの本をちらっと開けば、

どの本にも書いていることです。

※細かい違いは、つま先の余裕を6mmという先生もいれば、1.0cmくらいという先生もいます

普通、高級百貨店の店員さんには、価格分、高度なアドバイスであると信用しているので、

ママもショックでしたが、きっとこれからは、良い靴選びをしてくれることでしょう。

 

整体・カイロプラクティック安居-ango-

千葉市緑区大木戸町104-62

TEL043-294-5939

安居のホームページhttp://seitai-ango.com

メールアドレス info@seitai-ango.com

FACEBOOK http://www.facebook.com/seitai.ango

土日も営業しております、お気軽にご相談を。